親知らずを抜いたときの話

半年に一回は歯医者に通っている、という方はどれくらいいるでしょうか。
私は以前までめったに歯医者に行かなかったのですが、
今は定期的に行くようにしています。
数年前から親知らずが少し顔を出すようになったのですが、
横向きに生えてきたため他の歯を押してしまい、
歯茎が腫れたりして痛むようになってしまいました。
そのためずっと抜かずにいた親知らずを抜くことを決心したのですが、
この作業がとっても大変だったんです。
普通にまっすぐ生えていれば麻酔をかけて抜くだけなのですが、
横向きになっていて埋まっているので、歯茎を切開したあと
細かく砕いて取り除くという抜歯方法なんですよね。
私は痛みに弱い方だったので、
静脈内沈静法という方法で眠った状態で抜歯をしてもらいました。
眠っているとはいっても意識はあるのですが、
記憶がなくなるので治療が終わったあとに
思いだそうとしても思いだせません。

ただ若干効きが悪くて痛がっていたところは覚えているのですが、
鎮静剤のおかげでそれほど術中は苦しくなかったです。

それよりも抜歯が終わった後の方が大変でしたね。
タコ糸のような糸で4針くらい縫っていたので、
むずむずするしとにかく痛いんです。
ご飯が食べられないのもつらかったですし、
痛み止めが効かないのもつらかったです。
ただ今はもう傷もふさがって親知らずに悩まされることもなくなったので、
歯磨きも楽ですし抜いてよかったと思います。
横向きに生えている場合は歯並びにも影響するので、
早めに抜いた方がいいですよ。